制作ニュース

京都、五輪に向け文化祭典「イベントアイディア募集」

15.10/06

五輪に向けた文化の祭典「京都文化フェア(仮称)2016-2020」、イベントアイディアを募集

京都府は、東京オリンピックの文化プログラムを契機として、京都を舞台に行われる文化と芸術の祭典「京都文化フェア(仮称)2016-2020」の基本構想(中間案)を発表、あわせてイベントのアイディア募集を開始した。同推進委員会で有意義と認められた場合には、実現に向けて本人に問合せ・相談するという。アイディア募集の締切は12月22日(火)。

関連リンク⇒ 「京都文化フェア(仮称)2016-2020」の基本構想(中間案)PDF

関連リンク⇒ 世界と京都が新たに出会う、文化・芸術の祭典 京都文化フェア(仮称)2016-2020

「京都文化フェア(仮称)」は、2016年から2020年のオリンピック終了までの間、「京都の文化を世界の人々が味わい、理解されること」を目指して実施される文化の祭典。イベントアイディア募集では、同フェアの基本構想(中間案)の周知と、参加への気運を高めるプロセスの一環として行われる。

なお中間案では、その実行委員会の組織体制について「(フェアの顔ともいうべき)ディレクター(イベント全体をコンセプトから統括する芸術監督)とプロデューサー(財源調達も含めて事業の枠組みを決定し、運営全体を統括する責任者)とが必要であり、これらを早期に選定・依頼する必要がある。また、個別のジャンルや事業を切り盛りするプロジェクトマネージャーが必要となろう。特にプロジェクトマネージャーには、若い人材の活躍の場となることをめざしたい」と述べられている。

【あわせて読みたい!】
◇ 「五輪史上最大規模」文化プログラム基本構想発表(15.07/21「制作ニュース」)
◇ 東京都が「東京文化ビジョン」素案発表(15.02/03「制作ニュース」)


ピックアップ記事

セミナー
「演劇関係者のためのバリアフリー講座」開催

Next News for Smartphone

「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ Nextのチラシ宅配サービス「おちらしさん」 今ならスタート割引価格! お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!