制作ニュース

アーツカウンシル東京「R5年度第2期芸術文化魅力創出助成」

23.08/30

アーツカウンシル東京「令和5(2023)年度第2期芸術文化魅力創出助成」受付開始

アーツカウンシル東京は、8月25日より「令和5(2023)年度第2期芸術文化魅力創出助成」の受付を開始した。東京都内で実施される複数の芸術団体等が主催・共催する事業で、音楽、演劇、舞踊、美術など様々なジャンルのフェスティバルやアートプロジェクトの創造活動等に対し、経費の一部を助成する。対象となる実施期間は2023年12月16日以降に開始し、2024年12月15日までに終了するもの。応募締切は9月29日(金)14時。

関連サイト⇒令和5(2023)年度 第2期 芸術文化魅力創出助成

対象となる事業は、「子育て世代や高齢者・介護者なども含め、世代、国籍、障害などをこえ、誰でも参加できる、また参加の仕方やプログラムに工夫があるもの」「芸術文化にデジタル技術やサイエンスを融合させた新しい発想・表現を追求・探求するもの」「様々な地域の文化資源を活用し、地域の魅力創出、地域の活性化を目指す大きな波及力のあるもの」等。実施にかかる助成対象経費の2分の1以内で、かつ2,000万円を上限額として支援される。

さらに「サポート費」も別途申請可能。サポート費には、手話通訳やバリアフリー日本語字幕等の取り組みにかかる経費を対象とする「鑑賞サポート費(上限150万円)」、クリエーションに関わる機器レンタル費等を対象とする「デジタル開発サポート費(上限300万円)」、申請事業に関わる企画制作者、出演者、スタッフが利用する保育サービス費や、ハラスメント防止を目的とした研修・講座の受講費等を対象とする「創作環境サポート費(上限20万円)」がある。

オンラインによる公募説明会もあり。開催は9月8日(金)11:00、9月11日(月)16:00の2回。各回とも説明内容は同じ。要事前予約。


ピックアップ記事

公募
EPAD「2024年度セレクション」作品募集

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


チラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中