制作ニュース

【例年より1週間遅く】第55回岸田國士戯曲賞最終候補作品発表

11.01/05

第55回岸田國士戯曲賞(主催:白水社)の最終候補作品が5日、白水社HPにて発表された。

これまでは年末に発表されるのが恒例となっていたが、今回は白水社の仕事始めとなる1/5に持ち越された。これについて同社からの説明は特にないが、かねてより「候補作が上演台本中心となったいま、白水社は岸田戯曲賞の推薦・選考時期をずらすべきではないか」と提唱していたfringeプロデューサー・荻野達也氏は1/3付のブログにて「声が届いたのだとしたら、うれしい」と述べている。ちなみに、今回の最終候補作品の中には12月に上演されたものが3つ(『砂町の王』『小さな恋のエロジー』『空洞メディアクリエイター』)含まれている。

最終選考会は、2月28日(月)、18時より東京神保町・學士會館にて行なわれる。選考委員は岩松了、鴻上尚史、坂手洋二、永井愛、野田秀樹、宮沢章夫の6名。

◎第55回岸田國士戯曲賞最終候補作品一覧 

  赤堀雅秋   『砂町の王』 (上演台本)
  江本純子   『小さな恋のエロジー』 (上演台本)
  竹内佑   『空洞メディアクリエイター』 (上演台本)
  田村孝裕   『絶滅のトリ』 (上演台本)
  中津留章仁   『convention hazard 奇行遊戯』 (上演台本)
  ノゾエ征爾   『春々』 (上演台本)
  前川知大   『プランクトンの踊り場』 (上演台本)
  松井周   『自慢の息子』 (上演台本)
  丸尾丸一郎   『スーパースター』 (上演台本)

ピックアップ記事

ニュース用未選択
「舞台芸術におけるハラスメント防⽌ガイドブック」公開

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


チラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中