制作ニュース

「TPAMフリンジ」参加登録の受付開始

19.08/04

TPAM2020公募プログラム「TPAMフリンジ」参加登録の受付開始

来年2月に行なわれる『TPAM ‒ 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2020』(会期:2020年2月8日~16日)では、会期中に横浜・東京近郊で行われる公演やプロジェクトを対象とした「TPAMフリンジ」の参加登録を募っている。TPAMに参加・来場する国内外のプロフェッショナルにアピールできる公募プログラムだ。ジャンル不問で審査はない。登録締切は11月1日(金)。

関連サイト⇒TPAMフリンジ登録

TPAM_logo_CMYK-1024x302.jpg

TPAMでは、舞台芸術に関わるプロフェッショナルが集まり、公演、ディスカッション、ミーティングなどを通して幅広い交流が行われている。「TPAMフリンジ」に登録すると、ウェブサイト・チラシ・プログラムへの情報掲載、チケットの委託販売、コンタクトリストの提供、プロフィール・公演紹介文の英訳作成(※有料オプション)などのサービスが受けられる。
近年、アジアとの国際共同制作にも力を入れており、前回(19年2月)の参加者は、海外43ヵ国・地域から401名、国内から483名。フリンジ登録公演動員数は約18,000人(一般客含む)。

「TPAMフリンジ」登録料金
(1)アーティスト/カンパニー登録
1演目:30,000円(税抜)
※2演目以上は応相談
(2)オーガナイザー登録(複数の団体が参加する企画が対象)
2組2演目 40,000円(税抜)
3組3演目 45,000円(税抜)

参考:前回ラインナップはこちらから


ピックアップ記事

公募
アトリエ銘苅ベース、次度提携カンパニー募集

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


2020春正社員募集のお知らせ