制作ニュース

「TPAM 2021」2 ⽉に開催発表

20.12/01

,

「国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2021(TPAM2021)」来年2⽉に開催決定

舞台芸術プラットフォーム「国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2021(TPAM2021)」の開催が発表された。会期は2021年2⽉6⽇(土)~14⽇(日)、プレイベント期間は1⽉24⽇(⽇)〜2⽉5⽇(⾦)。新型コロナウィルス感染症対策の影響で制約がある中、一部のプログラムではオンラインでの観賞・参加への対応も行う。

関連リンク ⇒ 「国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2021」

プログラム概要としては、アジアと世界の舞台芸術の動向をテーマにした主催公演プログラム「TPAMディレクション」、国内外の舞台芸術関係者が集まる交流プログラム「TPAMエクスチェンジ」、観客開拓・海外公演のチャンスとなる公募プログラム「TPAMフリンジ」からなる。この状況下で活動を継続・展開しようとしているアーティスト、カンパニーへの「連帯の表明」として、TPAM2021ではフリンジの登録料が無料となった(登録受付は12⽉20⽇まで)。

なお、今回で25回目となる「TPAM」としては最後の開催となり、次回(2021年12⽉)から「YPAM ‒ 横浜舞台芸術ミーティング」(仮称)として新たな展開を⽬指していくという。

プログラム概要
① 主催公演プログラム「TPAMディレクション」
・ホー・ツーニェン(YCAM とのコラボレーションによる)[シンガポール/⽇本]『Voice of Void』(ワーク・
イン・プログレス)
1⽉24⽇(⽇)〜2月6日(土)@BankART Temporary(ヨコハマ創造都市センター)
※スケジュールが変更になりました。修正して掲載いたします。(2020.12.10)

・⼭下残[⽇本]『何だかすべて忘れられないね』
1⽉24⽇(⽇)〜2⽉14⽇(⽇)@TPAM2021ウェブサイト

・ホセ・マセダ[フィリピン]作曲『Udlot-Udlot』(1975)
2⽉8⽇(⽉)@横浜市役所アトリウム(予定)

・アイサ・ホクソン[フィリピン]『Manila Zoo』(ワーク・イン・パンデミック)
2⽉9⽇(⽕)〜11⽇(⽊・祝)@KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ

・DULL-COLORED POP[⽇本]
福島三部作 第⼀部『1961年:夜に昇る太陽』、第⼆部『1986年:メビウスの輪』、第三部『2011年:語られたがる⾔葉たち』
2⽉9⽇(⽕)〜14⽇(⽇)@KAAT神奈川芸術劇場 ⼤スタジオ

② 交流プログラム「TPAMエクスチェンジ」

③ 公募プログラム「TPAMフリンジ」

【主会場】KAAT神奈川芸術劇場、BankART Temporary(ヨコハマ創造都市センター)、横浜市役所アトリウム(予定)、横浜⾚レンガ倉庫1号館


ピックアップ記事

ニュース用未選択
「TPAM 2021」2 ⽉に開催発表

Next News for Smartphone

「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!