制作ニュース

短編演劇祭『大大阪舞台博覧会2021』上演団体募集

20.12/01

大阪市立芸術創造館を発表の場とした短編演劇祭『大大阪舞台博覧会2021』、上演団体を募集中

コロナ禍における大阪の舞台芸術活動への支援として、大阪市立芸術創造館(大阪市旭区)を発表の場とした短編演劇祭『大大阪(だいおおさか)舞台博覧会2021』(主催:大阪市)が来年3月6日(土)開催される。現在、15分前後の短編演劇作品を上演する参加アーティストを募集しており、応募締め切りは12月27日(日)。募集は10団体。対象は大阪市内在住・在勤者が所属する団体または個人。

関連リンク ⇒ 『大大阪舞台博覧会2021』

同企画は、大阪の芸術文化の次世代を担うアーティストの「スキルアップ」「発表」「プロモーション」の3つを支援し、今後も継続的に舞台芸術活動を行っていける環境を目指すというもの。感染予防対策をはじめとする企画運営はすべて芸術創造館が担当し、参加費・広報宣伝費・会場費・スタッフ人件費などの費用負担も不要。公演の入場料収入は全てアーティストの収入となる。参加アーティストにとって「作品を作り上げ観客に提供する」その1点に専念できるサポート体制がとられている。

なお、上演団体が無料で参加できる「身体表現」と「演技」の2種のワークショップも開講されるほか、公演終了後に全作品の記録映像を制作し、大阪市が継続的な公開を行う。


ピックアップ記事

ニュース用未選択
「せりふの時代2021」特別編集版として復刊

Next News for Smartphone

「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!