制作ニュース

城崎国際アートセンター19年度レジデントアーティスト

19.01/16

柴幸男、岩井秀人ほかを選出 「城崎国際アートセンター」2019年度レジデント・アーティスト発表

芸術活動のための滞在型創作施設・城崎国際アートセンター(兵庫県豊岡市)が、2019年度のアーティスト・イン・レジデンス・プログラムを発表した。応募総数は68件(20か国)を数えた。

関連サイト⇒2019年度 滞在アーティストが決定しました!

2019年度の公募では、劇作家・演出家の岩井秀人による過去作のミュージカル化への取り組みなど、17件を採択した。

レジデント・アーティストは、同センターのホールやスタジオ、宿泊施設(合計22名まで宿泊可能)を24時間無料で使用できるほか、滞在期間中に試演会やアーティストトーク、一般向けのワークショップ、学校へのアウトリーチなど、無料で参加できる地域交流プログラムを行う。


ピックアップ記事

アフタートーク
当事者たちのQSC(2)[主催者の視点から]

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ