制作ニュース

城崎国際アートセンター2023年度AIR

23.03/27

城崎国際アートセンター2023年度「アーティスト・イン・レジデンス プログラム」発表

城崎国際アートセンター(KIAC・兵庫県豊岡市)は、2023年度「アーティスト・イン・レジデンス プログラム」を発表した。2014年4月の開館から10年目となる2023年度は、16組のアーティストらによる滞在制作が予定されている。

関連サイト⇒2023–2024 滞在アーティスト

毎年春に募集を行う「公募プログラム」では、2023年度は15か国51件の申請があった。その中から「社会への応答(私たちが生きる現在の社会や環境に対して、芸術活動を通して何らかの応答がなされているか)」「批評的創造性(既存の価値や常識を批評的にとらえ、芸術面においてそれらを更新する可能性を有しているか)」という選考基準により、「南野詩恵/お寿司」「小野彩加 中澤陽 スペースノットブランク」「森下真樹+上村なおか」「岩井秀人/ハイバイ」ら12組が採択された。

滞在アーティストが複数年かけて地域と関わりながら展開する「コミュニティプログラム」では、2022年度から継続して太田奈緒美ら3組がリサーチ、交流、クリエーションを実施。また「ヨコハマダンスコレクション2021:コンペティションI」でKIAC賞を受賞した台湾の振付家ワン・ユーグァンが「提携プログラム」でKIACと連携して活動する。

このほか、芸術文化観光専門職大学や9月に開催予定の豊岡演劇祭2023との事業連携も予定されている。

2023年度「公募プログラム」採択プロジェクト

■コーンカーン・ルンサワーン
「Dance offering」

■y/n(橋本清、山﨑健太)+寺田健人+和田華子
「ジェンダーとセクシュアリティについて考える3組のアーティストによるクリエーション・キャンプ」

■川口隆夫
「バラ色ダンスプロジェクト」

■フレデリック・フェリシアーノ
「Birdy」

■南野詩恵/お寿司
「『結婚式』 ご出席 ・ ご欠席 ・ ワークインプログレス」

■小野彩加 中澤陽 スペースノットブランク
「『言葉とシェイクスピアの鳥』クリエーション」

■魚森理恵/kehaiworks
「光を熱して暗闇を温める/暗闇再考プロジェクト」

■屋根裏ハイツ
「8F 演劇公演『テーブルマナー(仮)』クリエーション」

■山口惠子/BRDG+イアン・セガラ/PETA
「新作クリエーション」

■Art Translators Collective
「アート・トランスレーション・パーティ:ゲーム制作プロジェクト」

■森下真樹+上村なおか
「駈ける女、探す女。~『駈ける女』を通して作品を残すことを考え、探す~(仮)」

■岩井秀人/ハイバイ
「新作クリエーション」


ピックアップ記事

令和5年度「北海道戯曲賞」最終候補5作品決定

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!