制作ニュース

学生演劇と学生映画のコラボレーション企画

17.10/26

学生演劇と学生映画のコラボレーション企画に、早稲田演劇のOB/OGがプロモーション協力

早稲田大学の学生劇団「てあとろ 50’」は、城西国際大学の映画制作スタッフとタッグを組み、映像×演劇のコラボレーション作品を上演する。同劇団出身で、直木賞作家の角田光代氏、演劇集団キャラメルボックスの西川浩幸氏/大森美紀子氏、劇団ラッパ屋の熊川隆一氏ほかがプロモーション協力を行う予定だ。公演日程は11月17日(金)~20日(月)、会場は早稲田小劇場どらま館(東京都新宿区)。

関連リンク(1)⇒映像×演劇、エンタテイメント「できない警部」公演サイト 
関連リンク(2)⇒公演公式ツイッター
 

学生演劇と学生映画のコラボレーション作品となる同公演は、早稲田大学の学生劇団「てあとろ 50’」が来年で45周年を迎えるにあたり企画された。脚本・演出を務める森平周さんは、同大学の学生ポータルサイトのインタビューで「早稲田演劇ってすごく内輪で回っているので、その流れを断ち切りたい」とコメントしている。


【関連記事】

ピックアップ記事

採択
「下北ウェーブ2018」参加団体決定

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ