制作ニュース

【最優秀作品はエコー劇場で上演】「日本の劇」戯曲賞2012公募開始

11.12/03

,

土田英生氏、西川信廣氏などが最終選考審査員を務める、社団法人日本劇団協議会主催「日本の劇」戯曲賞2012の公募がスタート。日本語で書かれた未発表・未上演の戯曲が対象で、最優秀賞受賞作品は、2013年3月に恵比寿・エコー劇場(東京都渋谷区)にて上演される。

◎インフォメーション◎
■「日本の劇」戯曲賞2012募集概要
【応募資格】 
応募者の資格は問わない。
【応募条件】
1.日本語で書かれた戯曲で、未発表・未上演のものに限る。脚色は不可。
2.400字詰め原稿用紙150枚程度まで。書式は縦書きとし、400字詰め原稿用紙、またはA4サイズ用紙(20字×40行)を用いること。
3. 最優秀賞の著作権は作家本人に帰属しますが、初演の権利は、授賞決定時から1年間は社団法人日本劇団協議会にあることを了承すること。
【応募方法等】
1.他の戯曲、小説等から引用した場合は、引用部分に印をつけたうえで、作品の最後に引用作品名および作者名を明記すること。なお、贈賞時に著作権に関する処理がなされていない場合は、贈賞を無効とする。
2.戯曲は4部コピーし、別紙に住所・氏名・年齢・電話番号を明記のうえ(社)日本劇団協議会事務局まで郵送(書留)または宅急便にて期間内必着で送付すること。
3.表紙には題名のみ記入し、作品内に作者名は一切記入しないこと。
4.受理された原稿は、選考終了後も返却いたしません。
【贈賞】 
最優秀賞に選ばれた作品は1年以内に上演し、上演料が支払われる。
【その他】 
1.上演の際の演出家は受賞者と協議のうえ決定します。
2.受賞者には上演に向けてドラマドクターがつきます。
【募集締切】
2012年6月29日(金)必着
【選考結果】
2012年8月末頃日本劇団協議会WEBにて発表
【最終選考委員】
丹野郁弓、土田英生、西川信廣、原田一樹、宮田慶子 
【問合せ・応募先】
社団法人日本劇団協議会   
〒160-0023東京都新宿区西新宿6-12-30 芸能花伝舎3F  
TEL:03-5909-4600 FAX:03-5909-4666 
e-mail:info@gekidankyo.or.jp  

◎関連サイト◎
「日本の劇」戯曲賞2012 戯曲募集!|社団法人日本劇団協議会

[お知らせ]
舞台制作者のためのメールマガジン[Next-news PLUS+]は、みなさんからの情報を随時募集中です!!


ピックアップ記事

アフタートーク
ギフトチケット導入団体振り返りの会

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!