制作ニュース

【会員以外で参加可能な催しも】ON-PAM報告会・総会・シンポジウム・懇親会が2/12-13開催-横浜

14.01/31

「舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)」の2013年度報告会、2014年度総会、シンポジウム、懇親会が2/12(水)・2/13(木)に横浜で開催される。なお報告会・シンポジウム・懇談会はON-PAM会員以外でも参加可能。

◎インフォメーション◎
「舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)」

【2013年度報告会】
・日時:2月12日(水)10:00-12:00
・会場:ヨコハマ創造都市センター3F
・内容:文化政策、国際交流、地域協働の 3委員会の、2013年度の活動報告。
各委員会の開催の様子や、2014年度の計画について、各委員長からの報告を行うほか、これからの運営についての質疑応答の時間も予定。

【2014年度定期総会】
・日時:2月12日(水)13:00-15:00
(2014年度会員のみ参加可、当日入会・更新可)
・会場:ヨコハマ創造都市センター3F
・審議事項:2013年度事業報告・決算/2014年度事業計画/2014年度事業予算/NPO法人への移行の件

【シンポジウム】
・会場:ヨコハマ創造都市センター3F
・予約不要・当日精算 / 一般入場¥500(ON-PAM会員、TPAM参加登録者は入場無料)

■シンポジウムvol.1
「アジアのネットワークに向けて 公開ディスカッション」
・日時:2月13日(木)10:00-12:00
・内容:現在ON-PAM会員は 99%が日本人だが、アジア発の国際的なオープンネットワークになるために必要なネットワークとは何か?どのような視点が開かれたネットワーク形成に必要かについて、数十名のアジアの舞台芸術の専門家をはじめ各国のプロフェッショナルが集うTPAM参加者を交えて、会員とともに公開ディスカッションを実施する。
・モデレーター:相馬千秋氏(元F/T プログラム・ディレクター) 、丸岡ひろみ氏(TPAM in Yokohamaディクレター)

■シンポジウムvol.2
「開かれた芸術のあり方をめぐって~現在の《公共》にとって必要なオープンさとは?」
・日時:2月13日(木)13:00-15:00
・内容:現在の《公共》にとってふさわしい開かれた芸術のあり方とは何か。
最近の国内事例も参照しつつ、日本の文化的背景を射程に収めながら、国内外の関係者とともに議論する。

【懇親会】
・日時:2月12日(水)18:00-20:00
・参加費:1,000円(ドリンクチケット制)
・会場:驛の食卓(うまやのしょくたく)
横浜市中区住吉町6-68-1横浜関内地所ビル2階

◎関連サイト◎
総会・報告会・シンポジウム・懇親会の開催について|ON-PAMアクティビティWebサイト


ピックアップ記事

「第14回せんがわ劇場演劇コンクール」グランプリ決定

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


チラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中