制作ニュース

EPAD Re LIVE THEATER in Kyoto

23.11/22

舞台映像上映会/トークセッション「EPAD Re LIVE THEATER in Kyoto」12/20、21に京都で開催

一般社団法人EPADは12月20日(水)、21日(木)の2日間にわたり、「EPAD Re LIVE THEATER in Kyoto ~時を越える舞台映像の世界~」を開催する。公演作品映像の上映会ならびにトークセッションで、対象は劇場関係者、舞台芸術の創作に関わる人、舞台芸術の批評家、マスコミ関係者等。会場はロームシアター京都・ノースホール他。事前予約制(定員40名)、参加費無料。申込締切12月10日(日)。

関連サイト⇒【舞台関係者向け(参加無料)】EPAD Re LIVE THEATER in Kyoto~時を越える舞台映像の世界~舞台映像上映会およびトークセッションのご案内


同イベントでは、舞台作品の映像上映会のほか、EPADが取り組む事業紹介や上映会実施に向けた具体的なスキームの紹介など、複数のトークセッションを開催。また、意見交換会では小倉由佳子(ロームシアター京都)、唐津絵理(愛知県芸術劇場)、岸正人(公益社団法人全国公立文化施設協会)ら全国の公立文化施設のプロデューサーを招き、舞台作品の映像上映に関して語り合う。

「EPAD Re LIVE THEATER in Kyoto ~時を越える舞台映像の世界~」

12月20日(水) 受付開始:12時30分

■13時~14時
トークセッション1「EPADが舞台映像により目指す未来」
会場:ロームシアター京都・ノースホール
【登壇者】
石井路子(芸術文化観光専門職大学)、福井健策(EPAD代表理事)、伊藤達哉(EPAD理事)、三好佐智子(EPAD理事)

■14時30分~16時10分
舞台映像、上映(4K 定点映像)
会場:ロームシアター京都・ノースホール

■16時30分~18時
トークセッション2「舞台映像上映会の全国展開 技術面・費用面からの考察」
会場:ロームシアター京都・ノースホール
【登壇者】
山本能久(音響・株式会社エスイーシステム)、福澤諭志(舞台監督・株式会社STAGE DOCTOR)、荒川ヒロキ(映像・一般社団法人舞台映像協会)
(司会)
松浦茂之(三重県文化会館副館長兼事業課長)

—————————————————-

12月21日(木) 受付開始:9時30分

■10時~11時50分
舞台映像、上映(HD 多カメラ)(会場:ロームシアター京都・ノースホール)

■13時~15時
参加者による意見交換会「公立劇場で舞台映像上映会を実施することについて」
会場:京都市勧業館・みやこめっせ
【ファシリテーター】(順不同)
小倉由佳子(ロームシアター京都)、唐津絵理(愛知県芸術劇場)、岸正人(公益社団法人全国公立文化施設協会)、熊井一記(神戸文化ホール)、佐藤奈々絵(熊本県立劇場)、滝口健(世田谷パブリックシアター)、萩原宏紀(いわき芸術文化交流館アリオス)、松浦茂之(三重県文化会館)、矢作勝義(穂の国とよはし芸術劇場PLAT)、龍亜希(北九州芸術劇場)、渡辺弘(岡山芸術創造劇場ハレノワ)

■15時30分~16時30分
トークセッション3「公立劇場での上映会開催の可能性について」
会場:京都市勧業館・みやこめっせ
【登壇者】
高萩宏(EPAD代表理事)
(司会)
林真智子(EPAD事務局)


ピックアップ記事

セミナー
ON-PAMオンライン講座『舞台芸術の「未来」をのぞむ連続講座』

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!