制作ニュース

EPAD「舞台公演映像の利活用をめぐるシンポジウム」

22.11/15

,

EPAD『撮る、のこす、使う!〜舞台公演映像の利活用をめぐるシンポジウム〜』12/1開催

「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(EPAD)」では、12月1日(木)に『撮る、のこす、使う!〜舞台公演映像の利活用をめぐるシンポジウム〜』を開催する。舞台公演映像が教育・研究・国際交流の各現場でどう利活用されているのか、コロナ禍を経て、さらにどのように利活用できるのか、その具体的な方法や可能性について考える。視聴無料。

関連サイト⇒特設ウェブサイト EPAD2022『撮る、のこす、使う!〜舞台公演映像の利活用をめぐるシンポジウム〜』

シンポジウムは二部構成で、第一部は「教育・研究の現場から」、第二部は「国際交流の現場から」と題して開催。事前申し込みの必要はなく、シンポジウム当日、特設サイトから視聴が可能だ。

EPADは2020年にスタートし、寺⽥倉庫株式会社と緊急事態舞台芸術ネットワークが文化庁より受託した芸術文化収益力強化事業として展開。集うことに困難がある断絶の時代に人間が「芸術と共に生きる」ために、作り手・観客をつなぐ重要なファクターとなるデジタルアーカイブの活用を支援することをミッションに掲げている。同サイトには現在、映像約1,300点、戯曲約550点、舞台美術資料約2,500点の作品が収集されており、舞台公演映像については今後さらに400本余の情報を公開できるよう作業を継続しているという。

EPAD2022 『撮る、のこす、使う!〜舞台公演映像の利活用をめぐるシンポジウム〜』

開催日時:2022年12月1日(木)
第一部:13:30〜15:00
第二部:15:30〜17:00

第一部:「教育・研究の現場から」
梅山いつき(近畿大学)
岡室美奈子(早稲田大学演劇博物館)
多和田真太良(玉川大学)
松山立(日本大学)
モデレーター:横堀応彦(国際演劇協会日本センター/跡見学園女子大学)

第二部:「国際交流の現場から」
伊藤達哉(緊急事態舞台芸術ネットワーク/ゴーチ・ブラザーズ)
川崎陽子(KYOTO EXPERIMENT)
成島洋子(SPAC-静岡県舞台芸術センター)
堀朝美(贅沢貧乏)
モデレーター:三好佐智子(EPAD2022事務局長/quinada)


ピックアップ記事

第8回せんだい短編戯曲賞大賞決定

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!