制作ニュース

「若手演出家コンクール」優秀賞4名が決定

19.12/16

,

「若手演出家コンクール」優秀賞4名が決定 来年3月の最終審査へ

一般社団法人日本演出者協会が主催する「若手演出家コンクール」では、今年度の優秀賞4名を選出した。最終審査は2020年3月3日(火)~3月8日(日)、下北沢「劇」小劇場にて作品を上演し、公開審査により最優秀賞が決定する。公開審査は一般観客も観劇が可能だ。

関連サイト⇒若手演出家コンクール2019 第2次審査 審査会報告

今年度の応募総数は76名。一次の映像審査、二次の公演(もしくは公演に準ずる通し稽古)を実際に審査員が観劇し、審査を経て優秀賞4名を選出した。優秀賞の4名には10万円、最優秀演出家賞1名には50万円が贈られるほか、最終公開審査では、観客投票による観客賞もある。最優秀演出家は2021年3月(予定)に記念公演を上演することができる。なお、優秀賞4名の優秀賞授賞式が、12月28日(土)の日本演出者協会の大忘年会の中で行われる。こちらは、一般参加も可能(要予約)。

※記事初出時、日付に誤りがございました。訂正してお詫び申し上げます。

【優秀賞 受賞者】
斜田章大 (愛知県)
橋本匡市 (大阪府)
深谷晃成 (東京都)
三上陽永 (東京都)

【次点】
石川湖太朗 (東京都)


ピックアップ記事

公募
希望の大地の戯曲賞「北海道戯曲賞」募集開始

Next News for Smartphone

「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ Nextのチラシ宅配サービス「おちらしさん」 今ならスタート割引価格! お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!