制作ニュース

「障害とパフォーミング・アーツ」シンポジウム

19.02/20

「障害とパフォーミング・アーツ」シンポジウム-東京芸術劇場

東京芸術劇場(東京都豊島区)は、「障害とパフォーミング・アーツ」シンポジウムを開催する。日時は3月6日(水)15時~18時。料金は500円。定員は70名、要事前申込み。

関連リンク⇒【東京芸術劇場】「障害とパフォーミング・アーツ」シンポジウム『多様で豊かな舞台芸術の創造をめざして』

障害のある人々との身体表現活動を継続的に行うカンパニーの代表者が一堂に会し、どんな思いから、何を目指し、どんな活動を展開してきたのか、その成果と課題を語る。

【プログラム概要】
第1部:活動の軌跡と展望(団体名、登壇者)
「みんなのダンスフィールド」西洋子(代表 ディレクター)
「じゆう劇場」中島諒人(芸術監督、演出家) 
「ストップギャップ ダンスカンパニー」柴田翔平(エクゼクティブ・プロデューサー)

第2部:身体表現活動の積み重ねから舞台芸術作品の創造へ
性質の異なる3つの団体の活動を比較し合いつつ、3人で鼎談


【関連記事】

ピックアップ記事

ニュース用未選択
「舞台芸術における国際協働をめぐって」7/4開催

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ