制作ニュース

文化庁シンポジウム『国際フェスティバルを語る』

19.01/11

各国のディレクターが集結。文化庁シンポジウム『国際フェスティバルを語る』

文化庁は、フェスティバルの在り様を考えるシンポジウム『国際フェスティバルを語る』を開催する。各国のディレクターが集結し、実演芸術全体の財産として、それぞれの事例を共有する。日時は1月21日(月)13時から17時、会場は国立オリンピック記念青少年総合センター(渋谷区)。料金は無料。要事前申し込み。

関連リンク⇒実演芸術国際シンポジウム「国際フェスティバルを語る」

音楽祭を語る前半と、演劇祭を語る後半にわかれ、スイス、イギリス、ドイツの芸術祭責任者が集結。日本からは宮城聡(SPAC)ほかが登壇する。

【概要】
●第1部 音楽祭を語る
・CâlineYamakawa(ヴェルビエ音楽祭最高執行責任者/スイス)
・堤正浩(公益財団法人ジェスク音楽文化振興会、霧島国際音楽祭/鹿児島)
・髙原寛子(公益財団法人群馬草津国際音楽協会、草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル/群馬)
・モデレーター:入山功一(株式会社AMATI、宮崎国際音楽祭)

●第2部 演劇祭を語る
・LyndseyJackson(エディンバラ・フェスティバル・フリンジ最高執行責任者代理/イギリス)
・MartineDennewald(フェスティバル・テアターフォルメン芸術監督/ドイツ)
・宮城聡(SPAC、ふじのくに⇄せかい演劇祭/静岡、東京芸術祭/東京)
・宮内奈緒(りっかりっか*フェスタアシスタントプドデューサー/沖縄)
・モデレーター:大澤寅雄(ニッセイ基礎研究所、NPO法人アートNPOリンク理事)


【関連記事】

ピックアップ記事

アフタートーク
当事者たちのQSC(1)[エントリー者の視点から]

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ