制作ニュース

最優秀賞作品は必ず上演 「日本の劇」戯曲賞

16.04/22

最優秀賞作品は必ず上演 「日本の劇」戯曲賞2016 戯曲募集

日本劇団協議会は「『日本の劇』戯曲賞2016」の戯曲を募集している。対象は未発表・未上演のもの(脚色不可)で、応募資格は一切問わない。最優秀賞作品は必ず上演され(2107年度予定)、また賞金10万円が贈られる。募集締切は6月30日(木)必着。

関連リンク⇒ 「日本の劇」戯曲賞2016 戯曲募集!

同賞は劇作家の発掘・育成を目的とし、最優秀賞に選ばれた作品は、プロによって上演される(過去上演の演出家は上村聡史氏、内藤裕敬氏、西川信廣氏ほか)。なお、その著作権は作家本人に帰属するが、初演の上演権は同協議会にあり、賞金とは別に上演料が支払われる。最終選考委員は板垣恭一氏、上村聡史氏、内藤裕敬氏、中屋敷法仁氏、宮田慶子氏が務める。

【あわせて読みたい!】
◇ 西史夏が受賞 「日本の劇」戯曲賞2015最優秀賞(15.09/10)

【こちらもチェック!】
◇ 昨年の最優秀作品『檸檬の島』(作・西史夏)の演出は中屋敷法仁(柿喰う客)、キャストオーデョション情報

◇ 2014年の最優秀作品『君は即ち春を吸ひこんだのだ』(作・原田ゆう)上演詳細(2016年2~3月上演)

◇ 2014年の最終選考委員選評(PDF)


ピックアップ記事

公募
「TPAMフリンジ」参加登録を受付中

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ