制作ニュース

演劇情報の同人誌「BITE(バイト)」が6/30創刊

15.07/01

“観劇環境の更なる整地”がコンセプト。演劇情報誌「BITE(バイト)」が6/30創刊

演劇情報を中心とした同人誌『BITE(バイト)』が6月30日に創刊された。編集長は演劇ライター・編集者の園田喬し氏。B5版・48Pで、価格は1,000円(税込)。公式サイトによる通信販売と幾つかの演劇公演時物販スペースにて購入が可能(創刊号は送料無料)。

⇒ 「BITE」公式サイトβVer.

bite_001_top

同誌のキャッチコピーは「カンゲキを遊ぼう」。観客にとって【観やすい環境】を、アーティストにとって【多くの人に観てもらいやすい環境】を目指し、“観劇環境の更なる整地”をコンセプトに掲げている。観客側の視点から「探すこと、観ること、楽しむこと」の一例を提示出来るような企画の立案、取材、編集を心掛けていくという。

創刊号では、表紙を東京デスロックの多田淳之介が飾り、広田淳一(アマヤドリ)/スズキ拓朗(コンドルズ・CHAiroiPLIN)/池亀三太(ぬいぐるみハンター)・ザンヨウコ/玉田真也(青年団リンク 玉田企画)/辻本直樹(Nichecraft)/越寛生((劇)ヤリナゲ)などを取り上げる。

連載・シリーズものでは、対談企画「制作者と演出家」(初回は中野成樹×加藤弓奈)や、「バックヤードの賢人録」(初回は制作者の三好佐智子)も。

編集長の園田さんよりコメントを頂きました。

「自分なりに『観劇生活をどう楽しむか?』について、あれこれ悩んで考えて、結果生まれたのがBITEです。僕は『カンゲキを咀嚼したい』と思いました。これからもマジメに遊んでいきたいです。まだまだブラッシュアップ出来ますし、やりたいことは沢山あります。しばらくは作り続けたいなぁと思っているので、よろしければお付き合い下さいませ。」


【合わせて読みたい!】
◇ 「制作者のキャリア」がテーマのインタビュー:加藤弓奈(急な坂スタジオ・ディレクター/「中野成樹+フランケンズ」「岡崎藝術座」)

◇「制作者のキャリア」がテーマのインタビュー:三好佐智子(有限会社quinada代表/「サンプル」「ハイバイ」)


【関連記事】

ピックアップ記事

ニュース用未選択
「戯曲デジタルアーカイブ」劇作家協会が開設

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!