制作ニュース

治療リハビリ費用を提供、復帰をサポートする「ヘルスケア助成プログラム」対象者募集

15.01/16

NPO法人「芸術家のくすり箱」は、ケガや故障によって活動が困難となった芸術家(舞踊家、俳優等)の、復帰に向けた治療やリハビリをサポートする「ヘルスケア助成プログラム」の対象者を1名募集している。治療・リハビリ費用実費として上限27万円の助成と、治療のためのプログラムを提案するもの(医師・治療師・トレーナー・栄養士等の紹介)。受付締切は2月4日(水)必着。

⇒ 第5回(2015年度)ヘルスケア助成プログラム募集要項|芸術家のくすり箱

対象となる疾病は、芸術表現動作に直接起因する整形外科関連の怪我・故障(自分の体を表現の手段として使う人に限る)で、応募には「申請時に満18歳以上40歳未満であること」などの資格を要する。同助成は、寄付によってその基金を積み立てており、39(サンキュー)万円集まるごとに、1名の助成対象者を公募している。同NPO法人の継続事業で、今回で5回目の募集となる。

【こちらもチェック!】
◇ 芸術化に足りないものはヘルスケア、「芸術家のくすり箱」公式サイト


ピックアップ記事

ニュース用未選択
第14回せんがわ劇場演劇コンクール 5月開催

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


チラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中