制作ニュース

【グローバル化や訪日受入準備に注力】「平成27年度文化庁概算要求の概要」発表

14.09/04

文化庁が来年度予算の要望をまとめた「平成27年度文化庁概算要求の概要」を発表した。要求総額は約1,217億円(前年度要求額約1,216億円/予算額約1,035億円)。概要書の冒頭には『世界に誇るべき「文化芸術立国」の実現~文化を起爆剤とする地域と日本の再生~』という表題が掲示された。

参考資料Ⅰでは、「2020年の文化プログラムに向けて~史上最大規模の『文化プログラム』の実現~」というページ内で、文化プログラムを全国津々浦々で展開するに当たり、国内外の人々を魅了するプログラムを2020年に向けてブラッシュアップする、という考え方が明示された。それを踏まえて、2030年までに「真の『文化芸術立国』」を実現するとし、その為の重点施策として、地域の文化芸術の取り組みや担い手の育成を支援する【文化芸術グローカル化推進事業】(約37億円)や、【文化プログラムに向けた文化施設における多言語化対応】(約30億円)が新設の要望として提出された。

「文化芸術創造活動への効果的な支援」では、【トップレベルの舞台芸術創造事業】において「多言語対応支援」(106公演)や「子育て支援」(160公演)を新設。「訪日外国人のための多言語対応や、子育てを行うアーティスト等のために保育士を配置する支援等を行う」ことも明記された。

また、「芸術家等の人材育成」として、日本の文化芸術の海外への発信力の強化を図ることを目的に、若手芸術家や演出家、舞台技術者、アートマネジメント人材などを対象に、研修機会や国際的な人的交流の機会を提供する【新進芸術家グローバル人材育成事業】を新設、約15億円の申請をしている。

来年度予算は、各省からの概算要求を元に、12月下旬に政府案が閣議決定し、翌年1月より始まる通常国会での審議を経て決定する。

◎関連サイト◎
文化関係予算|文化庁


ピックアップ記事

ニュース用未選択
「佐藤佐吉演劇祭2024」開幕

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!