制作ニュース

【訃報】声優・俳優・ナレーターの内海賢二さんが死去

13.06/14

声優・俳優・ナレーターで株式会社賢プロダクション会長の内海賢二(うつみ・けんじ、本名健司=けんじ)さんが13日、がん性腹膜炎のため東京都新宿区の病院で死去した。享年75歳。葬儀・告別式は未定。喪主は妻で声優の野村道子(のむら・みちこ、本名内海道子=うつみ・みちこ)さん。

内海さんは1937年、福岡県北九州市出身。高校3年のときにNHK小倉放送局の専属劇団に所属し、ラジオドラマや朗読の仕事を開始。その後、KBCラジオ(九州朝日放送)への移籍を経て、1958年に上京し、子供向けテレビドラマ等に出演するようになった。1963年、NETテレビ(現・テレビ朝日)系列の『狼少年ケン』(製作:東映動画)にてアニメデビュー。同作は同局初の国産アニメ放映作であり、また東映動画が製作した初のテレビアニメでもあった。その後は、長きにわたり声優として多くのアニメ作品、洋画作品に出演した。主なアニメ出演作に、『魔法使いサリー』(サリーのパパ役)、『ガンバの冒険』(ヨイショ役)、『Dr.スランプ アラレちゃん』(則巻千兵衛役)、『北斗の拳』(ラオウ役)等、吹き替えを担当した俳優にスティーブ・マックイーン、ジャック・ニコルソン等がある。その他にもテレビ番組やCMのナレーターとして、また、「劇団未来劇場」や「鈴置洋孝プロデュース」等の公演に出演するなど、舞台俳優としても活躍した。

1984年には独立し、声優事務所「賢プロダクション」を設立。自身のマネージメントとともに、後進の発掘・育成にも力を注ぎ、多くの人気声優を輩出している。2009年、角川書店、文化放送、小学館等で共催する『第3回声優アワード』にて功労賞を受賞。

最期まで現役を貫き通し、7月にフジテレビ系列でスタートするテレビアニメ『銀の匙 Silver Spoon』(轟先生役)が遺作となった。


【関連記事】

ピックアップ記事

WS
クリエイティブ・アート実行委員会 ダンス・ワークショップ

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!