制作ニュース

【無償貸付に批判】横浜・急な坂スタジオ休館か?

11.02/04

,

横浜市の舞台芸術創造拠点「急な坂スタジオ」(西区)が4月から休館となる可能性があることが明らかになった。

2/3付で神奈川新聞が報じた記事によると、指定管理者制度を適用せずにNPO法人「アートプラットフォーム」に無償で貸し付けるという運営手法が、市内部より「公有財産の有効活用として相応しくない」という批判を招いているようだ。横浜市と同NPO法人との契約は3/31で満了となるため、新体制が定まらない現状のままでは、4月より休館せざるを得ない状態だ。

「急な坂スタジオ」は、市営の結婚式場を「創造界隈(かいわい)」形成事業の拠点として再編し、2006年10月にオープンした。運営団体は、NPO法人や非営利団体を対象に公募し、NPO法人「アートネットワーク・ジャパン」と同「STスポット」が選ばれた。のちに両団体が発足したNPO法人「アートプラットフォーム」に運営権限が移譲された。現在は、岡田利規や柴幸男等、最先端のアーティストを「レジデント・アーティスト」として迎えるなど、単なる稽古場では収まらない「舞台芸術創造拠点」として業界内では広く認知されている。

◎舞台芸術拠点の「急な坂スタジオ」、運営整わず4月から休館も、無償貸し付けに批判/横浜(カナロコ)

◎急な坂スタジオ公式サイト


ピックアップ記事

公募
「第9回せんだい短編戯曲賞」3/1より募集開始

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!