会社概要


ご挨拶

どこまでも、人が集う幸せを求めて。

2002年の創業以来、Nextはチラシ折込業務をはじめとする、舞台制作者支援を介し、業界の発展を願って企業活動に邁進してきました。そして今、単に舞台芸術業界の振興だけではなく、エンターテインメントを通して、生き方や人との関わり方を社会に提案し、心豊かな暮らしを創ってゆく企業として、新たな歩みを始めようとしています。

古来より舞台芸術が観客に与えてきた感動の根本には、「人が集い、生み出される奇跡」が常にありました。バブル崩壊後、「ものの豊かさから、心の豊かさへ」といった社会変革を望む声が様々な場所から上がる一方で、人どうしの交わりは華々しい技術革新の陰で日々新たな困難に直面している印象を受けます。そうした現代社会にあって、舞台芸術が果たす役割は、けっして単なる娯楽として軽んじられるものではありません。さらなる舞台芸術業界の振興と、実演芸術を活用した社会貢献で、私たちが暮らす街は、もっと人が集う幸せに満ちた空間になるに違いありません。

私たちNextのスタッフは、まず私たち自身が「人が集い、語らいながら、次なる理想に挑戦し、豊かな暮らしとは何かを探求しつづける人間カンパニー」であらんと努力します。そして、人が集う奇跡を発信し続けてきた舞台芸術の魅力を多くの人々のもとへ届け、遊び心溢れる豊かな暮らしと、新しい未来を創造してまいります。

2016年5月 有限会社ネビュラエクストラサポート

会社概要

商号 有限会社ネビュラエクストラサポート
(通称“Next”)
所在地 〒136-0071 東京都江東区 亀戸7-43-5 小林ビル
Tel 03-5628-1325 / Fax 03-5628-1326
next@next-nevula.co.jp 
営業時間:11:00~18:00
(日曜・祝日および第4水曜日休業) 
設立 2002年5月1日
資本金 640万円
役員構成 代表取締役 郡山幹生
専務取締役 緑川憲仁
取締役   田上弘美
17.07.01 Nextは新体制にて始動いたします!

沿 革

※2001年以前については、株式会社ネビュラプロジェクトのサイトをご参照ください
2001年 株式会社ネビュラプロジェクト(演劇集団キャラメルボックスの制作会社)の創業当時より、演劇チラシの折り込み業務をおこなってきた「チラシ折り込み代行部」を「制作支援部"Next"」と改名。折込代行以外にも、「演劇制作に関わるあらゆる『面倒』をひとつにまとめて楽にする業務」を手がける部署としてリニューアル。
2002年 株式会社ネビュラプロジェクトより個人事業として分社。
2003年 舞台制作者向けメールマガジン「Next-news」配信スタート。
2004年 法人化。有限会社ネビュラエクストラサポート(通称Next)となる。
OL向けフリーペーパー「T.C.」発行(2006年終了)。
2005年 交流イベント「制作者あつまれ!」を芸団協と共同開催(1年間で7回開催)。
2006年 観劇客と制作者の意識調査「第1回東京劇勢調査」実施
2007年 第2回東京劇勢調査実施。
2008年 ポケットメディアスタンド“Caution!”サービス開始。(2009年終了)
フリーペーパー「Choice!」創刊。 (2013年終了)
2010年 「舞台制作ラボ」活動スタート。
「チラシ折り込みに関する公聴会」開催。
2011年 東日本大震災発生にともない「震災掲示板」(終了)、「都区公共施設開館状況」(終了)、「ツイッター緊急情報まとめサイト」開設。
Choice!ツイッター「今日の上演速報」サービス開始。
制作者リレートーク&ミーティング「これからの舞台芸術カンパニー、アーティストのステップアップ戦略を考える」開催。
WEBマガジン「制作手帖」スタート。

2012年
TPAMディスカッション「制作者のスキルとは何か、報酬は何に対して発生するのか」実施。
「Next舞台制作塾」開講。

主な事業内容

演劇、ダンスなど舞台芸術に関するチラシ折り込み代行業
舞台制作備品レンタル業務
舞台制作者向けメールマガジン「Next-news PLUS+」の運営
その他ホームページ等で制作者向けの情報提供や様々なニーズに応えるサービスを提供