制作ニュース

ACY「U39 アーティスト・フェローシップ助成」

22.03/30

アーツコミッション・ヨコハマ「U39 アーティスト・フェローシップ助成」募集

アーツコミッション・ヨコハマ(略称:ACY、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団運営)は現在、2022年度「U39 アーティスト・フェローシップ助成」の募集を行っている。助成対象は、美術、舞台芸術分野において横浜を拠点に活動する芸術家で、2023年3月31日時点で39歳以下の人。助成期間は2022年5月1日から2023年2月28日まで。交付金額は100万円。申請締切は、4月15日(金)必着。

関連サイト⇒2022年度 U39アーティスト・フェローシップ助成

同助成は、横浜の創造環境から芸術文化を発信することを目的に、次世代のアーティストのキャリア形成を支援する制度で、2016年度より実施している。フェローに選出されると、年間の活動経費の一部に対する助成金をはじめ、各種情報提供や広報など、横浜での活動を中心に支援が受けられる。

選考ポイントは「独創性」「影響力」「実現性」の3点で、専門家からなる審査会にて書類および面談選考により選出される。面談は5月中旬、横浜市内で実施予定。

■審査員

相馬千秋(NPO法人芸術公社代表理事、アートプロデューサー)
藤原徹平(フジワラテッペイアーキテクツラボ代表、横浜国立大学大学院Y-GSA准教授)
山峰潤也(東京アートアクセラレーション共同代表、ANB Tokyoディレクター)
小野晋司(横浜赤レンガ倉庫1号館館長、チーフプロデューサー)
木村絵理子(横浜美術館主任学芸員)


【関連記事】

ピックアップ記事

ニュース用未選択
書籍『舞台上の青春 高校演劇の世界』

Next News for Smartphone

「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!