制作ニュース

日本翻訳文化賞に松岡和子訳『シェイクスピア全集』

21.10/20

日本翻訳文化賞に松岡和子訳『シェイクスピア全集』

NPO法人日本翻訳家協会は、第58回日本翻訳文化賞に松岡和子訳『シェイクスピア全集 全33巻』(筑摩書房刊)を選出した。1996年に第一巻『ハムレット』が刊行され、2021年5月に『終わりよければすべてよし』によって完結。シェイクスピアの戯曲37作品を個人で訳したのは、坪内逍遥、小田島雄志に続き、日本人として3人目となる。

関連サイト⇒2021年度日本翻訳文化賞

松岡和子はシアターコクーン初代芸術監督・串田和美演出の『夏の夜の夢』等の舞台で翻訳を担当。1998年にスタートした蜷川幸雄演出の舞台「彩の国シェイクスピア・シリーズ」では、全作品の翻訳を担ってきた。

日本翻訳文化賞は、日本翻訳家協会が創立10周年の1963年に創設。毎年、過去1年で最も優れた翻訳書を刊行した翻訳者に贈られている。


【関連記事】

ピックアップ記事

ニュース用未選択
荻野達也が新サイト開設、未来の舞台制作者を応援

Next News for Smartphone

「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!