制作ニュース

2023都民芸術フェスティバル「現代演劇分野」参加募集

22.06/01

2023都民芸術フェスティバル「現代演劇分野」参加公演募集

東京都の文化事業として開催される「2023都民芸術フェスティバル」で現在、現代演劇分野の参加公演を募集している。対象者は、原則として東京都内に主たる事務所を有し、過去3年間(令和元年度から令和3年度)において自ら主催する有料の公演を毎年2作品以上実施している芸術家または芸術団体。対象となる公演は、令和5年1月から3月に東京都内で実施されるもの(ただしオンライン配信のみの公演を除く)。申請締切は6月13日(月)消印有効。

関連サイト⇒2023都民芸術フェスティバル(現代演劇分野)参加公演の募集について

参加公演として採択する件数は、3事業から5事業程度。フェスティバル参加公演には1,000万円を上限に助成金が交付される。助成対象経費は、公演に直接要する経費のうち出演費、文芸費、会場費、舞台費、宣伝費、印刷費など。また、フェスティバル参加にあたっての条件として、学生割引料金の設定、舞台芸術公演の鑑賞が困難な観客のアクセシビリティ向上に資する各種サービスを可能なかぎり実施することなどが求められている。

令和3年度(2022年度)は、劇団昴、青年劇場、unrato、CHAiroiPLINが採択された。


【関連記事】

ピックアップ記事

ニュース用未選択
関西えんげき大賞を創設、情報サイトもオープン

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!