制作ニュース

「かながわ短編演劇アワード2022」上演団体が決定

22.02/10

「かながわ短編演劇アワード2022」上演団体が決定

神奈川県が主催する舞台芸術の祭典「かながわ短編演劇アワード2022」では、事前審査により「演劇コンペティション」での上演5団体が決定した。また、上演時間30分以内の短編戯曲を募集した「戯曲コンペティション」においても、一次審査を通過した最終候補5作品が発表された。

関連リンク ⇒ かながわ短編演劇アワード2022 本戦

3月26日(土)、27日(日)にKAAT神奈川芸術劇場大スタジオにて行われる本戦では、「演劇コンペティション」の事前審査によって選出された5団体が、30分以内の短編演劇作品を上演し、3月27日(日)16時30分より開催される公開審査会にてグランプリが決定する。

「戯曲コンペティション」では、『ともに生きる~多様性の時代に生きるということ~』をテーマに、一次審査を通過した最終候補5作品から、公開審査会(3月26日(土)16時30分~)にて大賞が決定する。最終候補作品は3月1日(火)から3月26日(土)まで公式ホームページにて公開予定。

なお本選は、団体上演は全席指定で一般1,000円/高校生以下500円にて(当日は定点カメラによるライブ配信も予定)。公開審査会は入場無料(当日先着順)。

「演劇コンペティション」上演団体
エリア51
エンニュイ
かまどキッチン
じゃぷナー観 Japnakan
MWnoズ
(※五十音順)

「戯曲コンペティション」最終候補作品
古閑絢子『そこに猫がいるのよ』
田中瑞穂『これフライパンだからいいでしょう』
モスクワカヌ『A home at the end of this world』
山縣太一『海底で履く靴には紐がない』
山口真由『たちのぼる』
(※五十音順)


ピックアップ記事

第34回池袋演劇祭 劇団東俳が大賞受賞

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!