制作ニュース

令和3年度 全国劇場・音楽堂等職員アートマネジメント研修

22.01/12

「令和3年度 全国劇場・音楽堂等職員アートマネジメント研修」スタート

公益社団法人全国公立文化施設協会(全国公文協)は、1月11日(火)より「令和3年度 全国劇場・音楽堂等職員アートマネジメント研修」を開催している。1月12日(水)~1月14日(金)はライブ配信、1月11日(火)~2月28日(月)はオンデマンド配信にて実施。対象は、劇場・音楽堂等職員、地方自治体の文化芸術振興行政担当者、アートマネジメント教育関係者、学生、アートマネジメントに関心のある人など。参加費無料。申込は2月28日までだが、ライブ配信に関しては配信前日までの申し込みが必要。

関連サイト⇒令和3年度 全国劇場・音楽堂等職員アートマネジメント研修会

本年度はライブ配信講義を中心に展開。ライブ配信では「ウイズコロナ下における文化芸術団体との連携に向けて」「劇場・音楽堂等職員の労務管理を考える」など6プログラム(再配信なし)、オンデマンド配信は「コロナ禍から再生に向けて」と題し、全国公文協会長の野村萬斎による講演と、「人材養成講座」の2プログラムを実施する。

同研修会は、日本国内の劇場・音楽堂等の活性化と地域の文化芸術の振興を目的とした、アートマネジメントに関する専門的研修会として、毎年開催されている。


【関連記事】

ピックアップ記事

ニュース用未選択
城崎国際アートセンターAIR2022年度プログラム

Next News for Smartphone

「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!