制作ニュース

令和3年度「北海道戯曲賞」最終候補6作品決定

22.01/05

令和3年度「北海道戯曲賞」最終候補6作品決定

令和3年度希望の大地の戯曲賞「北海道戯曲賞」(主催:公益財団法人北海道文化財団)の1次審査会の結果が発表され、最終候補6作品が決定した。

関連サイト⇒令和3年度 希望の大地の戯曲賞「北海道戯曲賞」最終候補作品決定

今回の応募総数は137作品。最終選考(2次審査会)は令和4年3月2日に開催予定、結果はホームページで発表される。2次審査の審査員は、江本純子(毛皮族/財団、江本純子)、桑原裕子(KAKUTA)、斎藤歩(札幌座)、瀬戸山美咲(ミナモザ)、古川健(劇団チョコレートケーキ)の5名が務める。

令和3年度 希望の大地の戯曲賞「北海道戯曲賞」最終候補作品

「アンダーカレント」柳生二千翔(東京都)
「犬が死んだ、僕は父親になることにした」私道かぴ(大阪府)
「コルチカム」野村有志(大阪府)
「残火(ザンカ)」斜田章大(愛知県)
「藤田嗣治~白い暗闇~」鈴木アツト(東京都)
「南千住回遊野外劇『リアの跡地』」葭本未織(兵庫県)

(作品名五十音順、敬称略)


ピックアップ記事

公募
「第10回九州戯曲賞」

Next News for Smartphone

「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!