制作ニュース

新劇場「シアター・アルファ東京」12月オープン

21.09/14

客席数200席強、恵比寿に新たな劇場「シアター・アルファ東京」が12月にオープン

東京・荻窪にある劇場「オメガ東京」を運営する有限会社ファイナルバロックは、2021年12月に恵比寿に新たな劇場「シアター・アルファ東京」(東京都渋谷区東3-24-7 B1F)をオープンする。恵比寿駅より徒歩2分の場所にあり、客席数は200席強。舞台は間口六間、奥行三間半(さらに三尺張り出し可能)、高さ4メートル。2Fには立て込み可能な稽古場も完備している。また、新型コロナウイルスに対し、医療用空気清浄機や全身消毒設備の設置、抗菌コーティングなど、施工段階から様々な感染予防対策が取られている。

関連サイト⇒アルファ東京

今回の劇場設立に際し、「都心のオシャレな街にある手頃な劇場」であることを重視したというファイナルバロック。「この地が、このビルが、この劇場が、この後、末永く多くの演劇人に愛され続け、そして一人でも多くの演劇ファンに繋がることを願って止みません」「演劇は社会にとって絶対に必要な文化でありファッションです!」と語っている。

2021年12月から翌1月には「オープニングフェスティバル」を開催。2月以降の予約も現在受け付けている。


【関連記事】

ピックアップ記事

セミナー
アーツカウンシル東京「未来の踊りのためのプログラム」

Next News for Smartphone

「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!