制作ニュース

『対ゲキだヨ!全員集合』のつくり方

16.03/28

集客・宣伝について「苦戦した原因?」

 

ミサイル新潟
新潟公演の宣伝で市内を巡るミサイルの出演者

 
それぞれの劇団が「単なるショーケースではない本気の公演」と意気込んで迎えた、各劇場での本番。集客面ではどうだったのでしょうか?

若旦那さん人物紹介画像2

本拠地ではない新潟公演を一番心配していたのですが、劇場主催で上演会やワークショップなど事前のイベントを行ったこともあり、比較的うまくいったんです。ところが、本拠地である仙台、名古屋で予定動員数を下回ってしまった。その後の大阪公演でも、「コトリ会議」の通常公演の半分も売れない状態が、本番直前まで続きました。そこでやっと気が付いたのですが、どうやら『対ゲキ』企画のお祭り感が、それぞれの劇団ファンにとっては“軽い企画”に見えてしまったのかもしれないと。「ショーケースよりも本公演がみたい」と思わせてしまったことが、券売が伸びない原因になっているのかもしれないと考えました。

-その気づきは活かせましたか?

若旦那さん人物紹介画像2

本番直前に、宣伝の方針を変えました。既に3都市を廻って、各劇団の本気度とその熱量を身に染みて感じていたので、「単なるショーケースではなくって、各劇団は本気も本気だし、好き嫌いはあるとは思うけれど、少なくても1作品はハマる自信があります!」ということを訴えていきました。そのことが功を奏したのか、最終的には大阪での予定動員数はほぼ達成することができました。

 
◆来場者数(表クリックで拡大表示)

来場者数の表2xlsx

 

<全体制作・三坂さんの補足コメント>
仙台・名古屋・大阪については、各地域を拠点とする劇団の今までの集客や、他の劇団がその地域で公演をしたことがあるか?知名度があるか?などから集客数を予想。新潟については、ミサイルが公演したことがあることと、コトリ会議が新潟の俳優と創作することもふまえつつ、ちょっと少なめに予想しました。

 

若旦那さん人物紹介画像2

この『対ゲキ』という企画は、地元以外ではフェスティバル感を全面に出していき、各拠点地域では、本公演と同じ気概で宣伝していくことが成功の秘訣なのかなと、いまは感じています。また、共通テーマの「家族」に引っ掛けて、受付など接客スタッフは全員が家族の役を演じるなど、エンターテインメントに徹した全体演出は、各地で評判が良かったです。新潟では劇場支配人にも(コトリ会議の公演に)出演していただくなど、非常に盛り上がることができました。
 

 
⇒ この記事のTOPへ戻る

固定ページ: 1 2 3 4 5 6


ピックアップ記事

ニュース用未選択
「TPAM 2021」2 ⽉に開催発表

Next News for Smartphone

「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!