制作ニュース

カクシンハンなど選出、「風姿花伝プロジェクト」発表

16.01/25

プロミシングカンパニーに「カクシンハン」を選出 2016年度『風姿花伝プロジェクト』発表 

東京・目白の小劇場「シアター風姿花伝」(東京都新宿区/支配人:那須佐代子氏)は、来年度の「風姿花伝プロジェクト」を発表した。劇場側が1年間サポートを行うプロミシングカンパニーに「カクシンハン」(主宰:木村龍之介)が選出されたほか、劇場による2016年度の様々な発信企画が明らかになった。

関連リンク⇒ 【風姿花伝プロジェクト】

<プロジェクト内容>(一部抜粋/敬称略)
◆プロデュース公演
上質な芝居を創ることを第一義とし、成熟したストレートプレイをプロデュースする劇場主催公演。
・『Landscape with Weapon(原題)』8月中旬上演
原作:ジョー・ペンホール 演出:千葉哲也 翻訳:小川絵梨子

◆レジデント・アーティスト
劇場とアーティストが一過性の関係ではなく、相互の信頼を基盤として、継続的に演劇の可能性を探っていく。
・新選出:中嶋しゅう(俳優)
・継続:上村聡史(演出家・文学座演出部所属)/小川絵梨子(演出家、翻訳家)

◆プロミシングカンパニー
若手カンパニーに対して、1カ月間に及ぶロングラン公演を軸として1年間サポート。
・「Theater company カクシンハン」5月に公演予定

◆フェスティバル・サポート
観劇人口の増加に貢献すると思われるフェスティバル開催を積極的にサポート。
・『黄金のコメディフェスティバル2016』9月開催

◆ロングラン・サポート
7日間~14日間程度の本番期間を予定している実力のある団体公演を優遇(随時募集)。

◆劇作家支援
書き下ろし新作戯曲を募集し、優秀戯曲は上演に至るまでのプロモートを支援(2015年度は2件の応募あり)。

◆ツアー・サポート
地方在住のカンパニーに向けて宿泊先を含めた制作支援(2016年度は2公演交渉中)。

◆WAKAMONOサポート
若い世代が中心となっている団体の劇場利用をサポート(随時受付/4月上旬「ぱぷりか」公演予定)。

 

※記事内に一部に誤りがあり、該当部分を訂正いたしました。大変申し訳ございませんでした。(1月28日)

【こちらもチェック!】
Theater company カクシンハン 公式サイト


ピックアップ記事

令和5年度「北海道戯曲賞」七坂稲が大賞受賞

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


チラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中