ラインナップ情報詳細

コード:29526   

こまばアゴラ劇場11月分

11月8日(水)→11月29日(水)
こまばアゴラ劇場  
チラシ束作成部数:1250

チラシ束作成について+公演情報


※こまばアゴラ劇場で上演される公演をまとめて掲載しています。 クールごとに公演が異なりますが、万が一クール内でチラシ束を配布し切れなかった場合、余った分のチラシ束を次のクールで引き続き配布します。あらかじめご了承ください。
クール 申込/
チラシ納品締切
作成部数 公演情報/配布予想期間
1 10月26日(木) 350 下鴨車窓 
『冬雷』 

11月8日(水)12日(日) 

燃えたね。ぜんぶ。 
たしかにそう。 
けど消えてなくなったわけじゃない、まだ。 

寒い海に臨む小さな町で起きた山火事。報道によれば死者は出ず、被害は無人の山小屋が焼け落ちるところで止まったという(その周りの林に多少の延焼があった)。麓から火事を見たある者は山に雷が落ちて煙が上がったと証言した。別の者は放置された山小屋にたびたび侵入する地元の若い人が関係しているのではないかと噂した。 
消防が原因を調査中というところまでしか報じられなかったのは、なにか秘密があるわけではなく、報じるに値するほどの事件ではないとされたからであり実際にほとんどの者はまもなく忘れてしまった。現場近くのロープウェイも火事の翌日から通常通りに営業され観光にも影響はなかった。 
けれども沈黙して現場に赴く者がいる。焼けたままになっているその場所から海に目を遣り、雷が鳴るのを聞く。しばらくすれば雪が降る。海から向かってくる、強い雪が。 

■出演者 
気田睦 横山莉枝子 國松卓 政井卓実 福井菜月(ウミ下着) 篠原彩
2 11月1日(水)  500 青年団 
子ども参加型演劇『サンタクロース会議』 

11月15日(水)〜 21日(火) 

サンタクロースはいるの? どこから来るの? 普段は何をしているの? 
世界中の子どもたちの、永遠の問いかけに正面から答えます。 
全国各地で大好評、青年団初の親子で楽しめる参加型演劇。 
サンタクロースの存在を信じているすべての子どもと大人のための会議に、ようこそ。 

■出演者 
たむらみずほ 天明留理子 木崎友紀子 川隅奈保子 島田曜蔵 鈴木智香子 村井まどか 小林亮子 立蔵葉子 山本裕子 伊藤 毅 緑川史絵 尾崎宇内 
3 11月10日(金)  400 青年団リンク 世田谷シルク 
日瑞共同制作『ふしぎな影』
 
11月24日(金)~29日(水) 

スウェーデンの小さな劇場で終演後、スタッフさんに声をかけられました。 
そして面白い人だから会ってみてと、そこの演出家を紹介してくれました。 
その当時2015年、私はちょうどヨーロッパにいて、現地の人たちからシリア内戦とテロへの怒り、徒労感を聞いていました。ですから数日後にその演出家と会って、彼女が「愛」とそれを失くした「戦争」について児童作品を作りたいと言った時、私は迷いなく乗りました。それが、この作品のスタートです。パペットには西川古柳座さんに協力していただいた車人形を使い、両国の音楽家と共にサイレント演劇で上演します。 

■出演者 
武井希未 堀川炎(以上、世田谷シルク) 小寺悠介 中藤奨(以上、青年団) Alexander Hopman Lilja Golnosh Hosseini Gustav Borehed 
音楽家 やぶくみこ Jesper Berger
リンク



チラシ折り込み代行、
メールマガジンへの
お申し込みはこちらから

新規アカウント作成はこちら
ログイン情報をお忘れの方はこちら