ラインナップ情報詳細

コード:28724 

こまばアゴラ劇場5月分

5月4日(木・祝)→5月29日(月)
こまばアゴラ劇場  
チラシ束作成部数:1250

チラシ束作成について+公演情報


※こまばアゴラ劇場で上演される公演をまとめて掲載しています。 クールごとに公演が異なりますが、万が一クール内でチラシ束を配布し切れなかった場合、余った分のチラシ束を次のクールで引き続き配布します。あらかじめご了承ください。
クール 申込/
チラシ納品締切
作成部数 公演情報/配布予想期間
1 4月21日(金) 800 うさぎストライプ と 親父ブルースブラザーズ
『バージン・ブルース』

5月4日(木・祝)→5月21日(日)

これは、復讐のために、娘を育ててきた男たちの物語である。

今回の作品は、復讐のために娘を育ててきた男たちと、その娘がバージンロードを歩くまでの物語です。
なぜか二人いる父親役に、映画・ドラマ・舞台と幅広い分野で活躍する中丸新将さんと志賀廣太郎さん、娘役には、遠隔操作型アンドロイド「オトナロイド」のモデルにもなった小瀧万梨子をキャスティングし、六十代の経験豊かな男二人と三十歳になったばかりの女が「わかりあえない」攻防を繰り広げます。

■出演:中丸新将 志賀廣太郎(青年団) 小瀧万梨子(うさぎストライプ/青年団)
2 5月11日(木) 450 モノモース
『エンドルフィン』

5月24日(水)→5月29日(月)

俳優である大塚宣幸・玉置玲央・藤本陽子による3人ユニット。

増え続ける多重人格の妹は、結婚詐欺師の兄が連れて来た、記憶喪失の俳優の一人芝居を観る。
妹の五番目の人格は、俳優が八番目に演じた役が自分たちの母だと気がつき、兄は十番目の職業のフリをして、のちに母となる女を本気で口説く。
掴めそうで掴めない、どうしても、どうやっても、重なることのできない三人。

共感できるのは、痛みだけ

■出演:大塚宣幸(大阪バンガー帝国) 玉置玲央(柿喰う客) 藤本陽子(Sun!!改め/DACTparty)
リンク http://www.komaba-agora.com



チラシ折り込み代行、
メールマガジンへの
お申し込みはこちらから

新規アカウント作成はこちら
ログイン情報をお忘れの方はこちら