ラインナップ情報詳細

コード:30121  

こまばアゴラ劇場3月分

3月3日(土)→3月31日(土) 
こまばアゴラ劇場  
チラシ束作成部数:1650

チラシ束作成について+公演情報


※こまばアゴラ劇場で上演される公演をまとめて掲載しています。 クールごとに公演が異なりますが、万が一クール内でチラシ束を配布し切れなかった場合、余った分のチラシ束を次のクールで引き続き配布します。あらかじめご了承ください。
クール 申込/
チラシ納品締切
作成部数 公演情報/配布予想期間
1 2月19日(月) 200

『Pure Nation』 
3月3日(土)→4日(日) 

ダンサーと俳優が織りなすカメラオブスキュラの機構を使ったパフォーマンス作品 

構成・演出:あごうさとし
出演者:仲正昌樹 倉田翠

2 2月23日(金) 700 ガレキの太鼓 
復活公演『地上10センチ』 

3月8日(木)→3月18日(日) 

3年の沈黙を破り、再始動!この世界の胸ぐら掴んで抱きしめるー

現実よりちょっとだけ浮いて生きていたいのに
どうして親しい人の死は、現実を押し付けてくるんだろう。

「この人は遠くない未来に死ぬな」ひさしぶりにあった父を見て確信した。彼が死ぬ準備を、今日からはじめることにする。小劇場から尻尾巻いて逃げ、いつの間にか映像脚本やWEBコラムばかりを書いていた舘(だて)そらみがホームグラウンドで膝を震わせながら数年ぶりに筆を取るハイテンション冠婚葬祭ロードムービー。(本作は演劇公演です) 

作・演出:舘そらみ
出演者:石川彰子(青年団)、海老根理(ガレキの太鼓)、岡慎一郎、尾﨑宇内(青年団)、小瀧万梨子(青年団/うさぎストライプ)、小林樹(カムヰヤッセン)、酒巻誉洋、日比野線(FunIQ/劇団半開き)、村井まどか(青年団) 
3 3月7日(水) 750 ミナモザ 
『Ten Commandments(テン・コマンドメンツ)』 

3月21日(水)→3月31日(土) 

私と原子力、その近さと遠さについて想像してみる。今、原子力の勉強をする彼らを。想像してみる。かつて、原子力の研究をしていた彼らを。

2011年の福島第一原発事故以降、原子力の道を選んだ大学院生たち。彼らは今、何を求め、何を求められているのか。俳優は原子力学科の学生を演じ、さらに過去の科学者を演じ、遠くにあると思われたものを想像します。
私たちは、自分たちの手に未来を取り戻すために、この対話の演劇を始めます。

作・演出:瀬戸山美咲
出演:占部房子、山森大輔(文学座)、浅倉洋介、本折最強さとし、菊池佳南(青年団)、石田迪子 ほか
リンク



チラシ折り込み代行、
メールマガジンへの
お申し込みはこちらから

新規アカウント作成はこちら
ログイン情報をお忘れの方はこちら