制作ニュース

【アゴラ劇場での次回公演中止】劇団「バナナ学園純情乙女組」が解散へ

12.07/14

こまばアゴラ劇場(東京・目黒区)とバナナ学園純情乙女組は14日、それぞれの公式サイトにて同劇場で9月に予定されていた同劇団の新作公演「バナ学全学連の逆襲伝2012(仮仮仮)」を中止すると発表した。また、同劇団主宰の二階堂瞳子氏は 事態発覚後初めて公式なコメントをリリース。その中であらためて謝罪の意を表明すると共に、同劇団を次回公演を最後に解散すると発表した。

次回公演の中止にあたっては、同公演が同劇場主催の演劇祭「サマーフェスティバル<汎-PAN-2012>」のプログラムだったこともあり、同劇場芸術監督・平田オリザ氏名義で「バナナ学園純情乙女組の公演中止について」と題した経緯説明が掲載されている。その中で平田氏は、「こまばアゴラ劇場と劇団側は、どのようにすればお客様の安全を確保した上で公演を継続できるかを、お互い真摯に話し合って」きたようだが、「現状では、双方共に上演を維持するだけの体制をとれないだろう」と判断したという。さらに平田氏は、同劇団の解散についても触れ、「二階堂瞳子さんの才能、そこに集まってきた人びとの舞台への情熱は、このまま消え去るにはあまりに惜しい」とし、「何らかの形で再起を図り、新しい表現を生み出していっていただきたいと願っています」と述べている。

二階堂氏は、「今までバナナ学園純情乙女組をご観劇、応援してくださった全ての皆様へ」と題した公式コメントにて、「応援してくださる方々に対して突如解散という形で顔を背けるのではなく、本来私たちが出会うべきである劇場にて最後に意思を表明できたらと思っています」と語り、同劇団の解散公演を行なう意思があることを明らかにしたが、時期や場所については、「具体的なことは何一つ決まっていません」と述べている。

◎関連サイト◎
「今までバナナ学園純情乙女組をご観劇、応援してくださった全ての皆様へ」二階堂瞳子氏コメント全文
「バナナ学園純情乙女組の公演中止について」平田オリザ氏コメント全文

[お知らせ]
舞台制作者のためのメールマガジン[Next-news PLUS+]は、みなさんからの情報を随時募集中です!!


ピックアップ記事

セミナー
芸劇「シアター・コーディネーター養成講座」

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ