制作ニュース

エンパク「ドーナツ・プロジェクト2024発展編」

24.07/08

,

早稲田大学坪内博士記念演劇博物館「ドーナツ・プロジェクト2024発展編」受講者募集

早稲田大学にある演劇・映像専門総合博物館「早稲田大学坪内博士記念演劇博物館」は現在、「ドーナツ・プロジェクト2024発展編」の受講者を募集している。個々の劇団や劇場で舞台公演記録のアーカイブ化と利活用を担うアートマネジメント人材の育成を目的とする連続講座で、6回の講座と4回のワークショップで構成。講座は8月22日(木)、8月30日(金)、9月9日(月)の3日間、会場は早稲田大学早稲田キャンパスにて開催。アーカイブ動画での受講も可能。申込締切は会場受講、アーカイブ受講とも7月19日(金)17:00。

関連サイト⇒【受講者募集中】ドーナツ・プロジェクト2024発展編

今年度の講座は、昨年度実施した「実践編」の講座内容からそれぞれのテーマをさらに深めながら、ワークやディスカッションなどを用いたより実践的な内容を目指す。講座の対象は、舞台芸術に携わっているアーティスト、制作者、劇団・公演団体・劇場スタッフや、大学で舞台芸術や映像、アートマネジメントを学ぶ学生など。

会場受講(講座6回+ワークショップ4回+アーカイブ動画視聴)は受講料7,000円、定員25名(申込み多数の場合は抽選)、アーカイブ動画での受講(講座6回+ワークショップ4回分の抜粋)は受講料6,000円、定員50名。どちらも前年度受講者割引あり。なお、アーカイブ動画は動画公開後から2025年1月31日(金)17:00まで視聴することができる。

同講座は「令和6年度文化庁大学における文化芸術推進事業」「舞台公演記録のアーカイブ化のためのモデル形成事業」として展開、特定非営利活動法人舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)が運営している。

「ドーナツ・プロジェクト2024発展編」講師
※登壇順

・吉見俊哉
(國學院大學教授)
・本間友
(慶應義塾大学ミュージアム・コモンズ専任講師)
・滝口健
(世田谷パブリックシアター劇場部長)
・福井健策
(弁護士・ニューヨーク州弁護士 骨董通り法律事務所代表パートナー、一般社団法人EPAD代表理事、緊急事態舞台芸術ネットワーク常任理事)
・田島佑規
(弁護士 骨董通り法律事務所、EPAD権利処理チーフ、緊急事態舞台芸術ネットワーク事務局)
・松井周
(劇作家・演出家、劇団サンプル主宰)
・三好佐智子
(有限会社quinada、一般社団法人EPAD理事)
・NPO法人演劇百貨店
・柏木陽
(NPO法人演劇百貨店代表)


ピックアップ記事

セミナー
エンパク「ドーナツ・プロジェクト2024発展編」

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


チラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中