制作ニュース

第2回「日本みどりのゆび舞台芸術賞」

23.10/24

第2回「日本みどりのゆび舞台芸術賞」募集、11/10締切

公益財団法人日本フィランソロピック財団(東京都千代田区/代表理事:岸本和久)は現在、日本国内で活動する演劇の劇団を対象に、第2回「日本みどりのゆび舞台芸術賞」の募集を行っている。表彰された劇団には「大賞」1本(副賞250万円)、「HOPE賞」2本(副賞120万円)、「選考委員賞」5本(副賞15万円)が贈呈される。応募締切は11月10日(金)17:00必着。

関連サイト⇒第2回「日本みどりのゆび舞台芸術賞」募集開始(2023/10/10~11/10)

対象となるのは、過去2年以上の活動実績があり、2024年内に演劇公演を実施する劇団。選考委員による書類選考(一次審査)を通過した劇団の公演を、調査員が実際に観劇し報告書を作成。その報告書をもとに選考委員が審議・選考(二次審査)し、理事会での承認を経て受賞者が決定する。二次選考結果通知は2025年3月下旬の予定。

同賞は、国内で優れた演劇活動を行う劇団への表彰を通じ、劇団の知名度の向上と財政的な困難の克服を支援することを目的に、演劇を支援したいという寄附者により設立された。

■表彰
・大賞 1本(副賞250万円)
劇団の活動が10年以上で、優れた功績があると認められた劇団

・HOPE賞 2本(副賞120万円)
劇団の活動が10年未満で、優れた功績があると認められた劇団

・選考委員賞 5本(副賞15万円)
劇団の活動期間を問わず、独自の功績があると認められた劇団

■選考委員
選考委員長:吉原⾼志(関東学院大学名誉教授)
宇梶剛⼠(俳優・劇作家・演出家)
⽊内宏昌(演出家・脚本家・戯曲翻訳家)
久保井研(俳優、演出家)
内藤裕敬(南河内万歳一座・代表、大阪芸術大学舞台芸術学科教授)


■こちらもチェック!
日本みどりのゆび舞台芸術賞


【関連記事】

ピックアップ記事

「第14回せんがわ劇場演劇コンクール」グランプリ決定

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


チラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中