制作ニュース

令和4年度「北海道戯曲賞」最終候補6作品決定

22.12/27

令和4年度「北海道戯曲賞」最終候補6作品決定

令和4年度希望の大地の戯曲賞「北海道戯曲賞」(主催:公益財団法人北海道文化財団)の1次審査会の結果が発表され、6作品が最終候補作品として選出された。

関連サイト⇒令和4年度 希望の大地の戯曲賞「北海道戯曲賞」最終候補作品決定

今年度の応募総数は142作品。最終選考(2次審査会)は令和5年2月15日に開催される予定。審査員は、江本純子(毛皮族・財団、江本純子)、桑原裕子(KAKUTA)、瀬戸山美咲(ミナモザ)、古川健(劇団チョコレートケーキ)、松井周(サンプル)の5名が務める。

■令和4年度希望の大地の戯曲賞「北海道戯曲賞」最終候補作品
(作品名50音順)

『畦道』大原渉平(滋賀県)
『おもいでは君のこころの襲鱗(かさねうろこ)』佐藤礼一(東京都)
『カレル・チャペック ~水の足音~』鈴木アツト(東京都)
『ゴンドラ』池亀三太(東京都)
『脱出は第二宇宙速度で』萩谷至史(東京都)
『チェーホフも鳥の名前』ごまのはえ(大阪府)


ピックアップ記事

採択
「ぱくっと! 2023」参加20団体決定

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!