制作ニュース

京都芸術大学・2023年度共同研究プロジェクト公募

22.08/08

京都芸術大学舞台芸術研究センター 2023年度共同研究「劇場実験型」「リサーチ支援型」募集

京都芸術大学舞台芸術研究センターでは、作品が生み出されていく「創造のプロセス」に焦点をあてた「実験」や「研究」(=ラボラトリー機能)に関わる共同研究プロジェクトの一環として、「劇場実験型」「リサーチ支援型」の2種類の研究プロジェクトを募集している。研究テーマは、研究代表者の自由な発想からなる『自由テーマ』、または「舞台芸術とテクノロジー」を課題とした『課題テーマ』による研究事業のいずれか。研究対象期間は2023年4月1日〜2024年3月31日。採択件数は各2件程度。

関連サイト⇒2023年度共同研究(劇場実験型・リサーチ支援型 公募事業)の募集を開始いたします。

「劇場実験型」は、京都芸術劇場を活用した「劇場実験」を研究プロセスの中心に据え、研究者とアーティスト・舞台技術者等の協働による研究チームによって行われる研究プロジェクト。対象は、大学その他の研究機関に所属する研究者、アーティストや、現在、舞台芸術の現場に関わっているアーティスト・舞台技術者・舞台批評家・プロデューサー等。研究予算は1件あたり年間250万円を上限。応募締切は8月31日(水)23:59、必着。

「リサーチ支援型」は、 新しい発想からなる舞台芸術作品の創作に向けた文献調査やフィールドワーク、その他、創作のための劇場実験を将来的に見据えた「リサーチ」を中心とする研究プロジェクト。アーティスト(舞台技術・アートマネジメント等も含む)、研究者の別を問わず応募可能。研究予算は1件あたり年間80万円を上限とする。応募締切は10月31日(月)23:59、必着。

共同研究プロジェクトでは、創造と研究の協働をふまえた、演劇・ダンス・伝統芸能・音楽・美術・映像・AR VR・教育などの幅広い分野に関わるジャンル横断的な研究が推奨されている。また、審査にあたっては、「自由テーマ」「課題テーマ」の別なく、“純粋に優れた研究計画と認められるプロジェクト”が採択されるという。


【関連記事】

ピックアップ記事

ニュース用未選択
文化庁 令和5年度予算概算要求発表

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!