制作ニュース

りゅーとぴあとD4cアカデミーが会員データ分析を実施

22.06/30

りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館と株式会社D4cアカデミーが利用者・会員データの分析を実施

りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館(新潟県新潟市)と株式会社D4cアカデミー(東京都港区)は、劇場が主催する公演・事業を多くの人に楽しんでもらうため、利用者・会員データの分析を行ったことを発表した。データサエインスの手法を用いたマーケティングが公立劇場に導入されるのは日本初。

関連リンク⇒公立劇場初!りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館と株式会社D4cアカデミーは、データサイエンスを用いた利用者・会員データの分析を実施しました

りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館より委託を受けた株式会社D4cアカデミーによると、2020年度から利用者増加を目的としてデータ分析支援をスタートし、2022年4月に分析結果をまとめた。今回の分析ではチケットシステムとExcelでバラバラに管理されているデータの紐づけを行い、購買行動を分析できる形を作ったほか、RFM分析、クラスター分析、決定木分析などを用いて、利用者の特徴を明確化。「新潟県の年齢構成比と比べると、40歳以下の利用者が少なく、50代以上が主な支持層となっている」などの統計情報が得られたという。今後はデータ分析を内製化するために、職員に対するデータサイエンス教育を実施していく。


ピックアップ記事

公募
アーツカウンシル東京 R4年度第2回「スタートアップ助成」

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!