制作ニュース

城崎国際アートセンターAIR2022年度プログラム

22.02/10

,

城崎国際アートセンター2022年度「アーティスト・イン・レジデンスプログラム」ラインナップ発表

城崎国際アートセンター(KIAC・兵庫県豊岡市)は、2022年度「アーティスト・イン・レジデンスプログラム」ラインナップを発表した。17か国・63件の応募の中から、池田亮(ゆうめい)、中川絢音(水中めがね∞+Von・noズ+浜田純平)ら11件のプロジェクトが採択された。

関連サイト⇒2022年度「アーティスト・イン・レジデンスプログラム」ラインナップ決定

今年度の応募の特徴として、コロナ禍により先の見通しが立たないためか、大人数のカンパニー等による公演に向けたクリエーションは例年に比べ減少し、少人数でのリサーチやワークショップ、個人のアーティストによるクリエーションなど、比較的小規模なプロジェクトが例年に比べ多くみられたという。また海外からの応募数の減少により、2020年度、2021年度と比較し減少傾向にあるが、国内からの応募は平年並みだったとしている。

城崎国際アートセンター芸術監督で、劇作家・演出家・小説家の市原佐都子は、「今回選考委員と共に、【社会への応答】【批評的創造性】という軸を掲げて、選考しました。城崎国際アートセンターでどんな滞在制作が行われるのか、そして、その滞在制作中に作品の一端に触れた人々にどのような反応が生まれるのか、楽しみで仕方ありません。」とメッセージを寄せている。

城崎国際アートセンター2022年度「アーティスト・イン・レジデンスプログラム」公募プログラム一覧

■ユニ・ホン・シャープ
『Encore』
滞在日程:4月7日~5月9日

■池田亮/ゆうめい
『あか』
滞在日程:4月25日~5月1日

■武本拓也
これまでの5年間の言語化と、次の5年の為のリサーチ
滞在日程:5月18日~7月4日

■太田信吾/Hydroblast
『最後の芸者たち(仮)』
滞在日程:5月23日~6月8日

■佐藤朋子
『TWO FEMALES ― ツル/アンティゴネ』
滞在日程:6月13日~6月22日、12月16日~12月25日

■イ・キョンソン/クリエイティブ・ヴァキ
『Gorang-Mola』
滞在日程:7月23日~7月31日

■キム・キド
『Cutting mushrooms』
滞在日程:8月3日~8月17日

■フランソワ=グザヴィエ・ルイエ+竹中香子
『LOVE/CRAFT』
滞在日程:8月8日~8月22日、2023年3月1日~3月20日

■デルフィン・ランソン+間宮千晴
『Ma_Créature』
滞在日程:2023年1月9日~1月23日

■中川絢音/水中めがね∞+Von・noズ+浜田純平
1991~隣の芝生はヨク見える~(仮)
滞在日程:2023年2月2日~2月9日

■マリーナ・サルミエント+エリザ・ガリアーノ
iraKKari
滞在日程:2023年2月16日~3月27日


【関連記事】

ピックアップ記事

公募
アーツカウンシル東京「2022年度助成プログラム」

Next News for Smartphone

「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!