制作ニュース

「日本の劇」戯曲賞2021 佳作に七坂稲『再生』

21.10/15

,

「日本の劇」戯曲賞2021 佳作に七坂稲『再生』、最優秀賞は「該当なし」

公益社団法人日本劇団協議会は『「日本の劇」戯曲賞2021』の最終選考結果を発表、佳作に七坂稲『再生』が選出された。最優秀賞は「該当なし」となった。

関連サイト⇒「日本の劇」戯曲賞2021 最終選考結果

今回の応募総数は74作品。最終選考委員は、板垣恭一、上村聡史、内藤裕敬、中屋敷法仁、宮田慶子の5名が務めた。最終選考委員による最終候補作品の選評は後日WEBにて掲載される予定。


ピックアップ記事

セミナー
アーツカウンシル東京「会計・税務講座」

Next News for Smartphone

「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!