制作ニュース

かながわ短編演劇アワード 2021

21.03/22

「かながわ短編演劇アワード 2021」演劇コンペは安住の地、戯曲コンペは村田青葉がグランプリ受賞

神奈川県が主催する舞台芸術の祭典「かながわ短編演劇アワード 2021」が、3月20日(土)・21日(日)の2日間にわたりKAAT神奈川芸術劇場大スタジオにて開催された。20日に行われた「戯曲コンペティション」公開審査会では最終候補6作品の中から村田青葉『@Morioka(僕=村田青葉の場合)』が、21日に行われた「演劇コンペティション」最終上演審査では、出演6団体の中から京都を拠点に活動する安住の地『ボレロの遡行』が、グランプリを受賞した。

関連サイト⇒かながわ短編演劇アワード2021

「かながわマグカル演劇フェスティバル 2021(マグフェス’21)」のメインイベントとして、30分以内の作品でグランプリを競う「かながわ短編演劇アワード」。今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客開催となり、公開審査会および演劇コンペの公演はインターネット中継で行われた。

演劇コンペグランプリには賞金100万円と青少年センター スタジオHIKARIにおける上演権が、戯曲コンペグランプリには賞金20万円他が贈られる。

【演劇コンペティション】
■出演団体
シラカン
劇団アンパサンド
スペースノットブランク
PUNK BANK
劇団なかゆび
安住の地
※上演順
※「ジョン・スミスと探る演劇」は団体の都合により出場辞退

■審査員
・一次審査委員
楫屋一之/半澤裕彦/横山歩

・最終審査委員
岩渕貞哉/岡田利規/笠松泰洋/スズキ拓朗/徳永京子/林香菜
※五十音順

【戯曲コンペティション】
■最終候補作品
田中瑞穂『コントロールが終わるとダンスが始まる』
寺内淳志『ライブパフォーマンス』
長谷川優貴『口』
三橋亮太『【H+】アポトーシスしてみた』
村田青葉『@Morioka(僕=村田青葉の場合)』
山田志穗『集合!』
※作者五十音順

■審査員
・一次審査委員
大竹竜平/オノマリコ/河野遥/杉浦一基/半澤裕彦/本橋龍

・最終審査委員
市原佐都子/北川陽子/西尾佳織/矢内原美邦


ピックアップ記事

ニュース用未選択
「戯曲デジタルアーカイブ」劇作家協会が開設

Next News for Smartphone

「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!