制作ニュース

「小劇場エイド基金」全国の小劇場を守りたい

20.05/02

全国の小劇場を守りたい 「小劇場エイド基金」 小劇場支援に特化したクラウドファンディング始動

全国の小劇場支援に特化したクラウドファンディング「小劇場エイド基金」の無観客記者会見が5月1日(金)、動画配信サイトYouTubeにてライブ配信された。同基金は、新型コロナウイルス感染症の影響により閉館の危機にさらされている、日本全国の小劇場を守るために立ち上げられたもの。客席数300以下の劇場を対象としており、ウェブサイトを通じて資金を募る。目標額は4,000万円で、劇場一軒につき100万円ずつの支援を目指す。募集期間は6月5日23:59まで。

関連サイト⇒新型コロナウイルスに、心の豊かさまで奪われたくない!日本全国の小劇場演劇を守りたい!!「小劇場エイド基金」

同基金は、発起人の仲瑞枝(ステージチャンネル)、佐山泰三(サンモールスタジオ代表)の呼びかけにより、日本全国から38劇場が参加し、200以上の賛同人・団体が集まった(5月1日現在)。会見では、スタジオで司会を務める黒澤世莉による運用内容の説明とともに、各地からリモート出演での登壇となった全国の劇場・劇団関係者からの現状報告や小劇場にむけた想いが語られた。

賛同人の冨坂友(アガリスクテンターテイメント)は「オンライン等で演劇活動はしているが、劇場という戻れる場所があるからできている。劇場という空間がなくなってほしくない」とコメント。そのほかの登壇者たちも、様々な劇場が団結して、この苦難を乗り越えるための意気込みを強く示した。

また、黒澤は「応援の仕方は色々。この状況下でクラウドファンディングへの資金援助は厳しいという人にも、SNS等で『#小劇場エイド』をつけて拡散したり、小劇場を応援してもらうだけでも心強い」と呼びかけた。

登壇者(コメント順)
●発起人
・仲俊光(ステージチャンネル)
・佐山泰三(サンモールスタジオ代表)

●劇場
・斎藤ちず/生活支援型文化施設コンカリーニョ(北海道)
・那須佐代子 /シアター風姿花伝(東京都)
・工藤 雅弘 /いわてアートサポートセンター風のスタジオ(岩手県)
・蔭山ひさ枝/人宿町やどりぎ座(静岡県)
・橋本匡市/ウイングフィールド(大阪府)

●賛同人
・日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)
・冨坂 友(アガリスクテンターテイメント)

●司会(賛同人)
黒澤世莉/演出家


ピックアップ記事

セミナー
「演劇関係者のためのバリアフリー講座」開催

Next News for Smartphone

「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!