制作ニュース

日本俳優連合らフリーランス支援を提言

20.03/17

日本俳優連合ら、新型コロナ対策でフリーランス支援を提言

3月12日、厚生労働省記者クラブにて「新型コロナ感染症に係るフリーランス支援についての記者会見」が行われた。参加したのは、MICフリーランス連絡会、協同組合日本俳優連合、公益社団法人落語芸術協会、一般社団法人日本ベリーダンス連盟の4団体。それぞれの立場から新型コロナウイルス対策に関する要請や声明、また事例を伝えた。

関連サイト⇒令和2年3月12日 厚生労働省記者クラブにて「新型コロナ感染症に係るフリーランス支援についての記者会見」をいたしました。

このうち、俳優の西田敏行が理事長を務める日本俳優連合は、3月5日に内閣府と厚生労働省に提出した「新型コロナウィルス感染防止措置に伴う公演等の中止に伴う声明 及び働き手支援についての緊急要請」を元に、

1、貸付、融資の利子の見直し
2、生活支援の額の見直し
3、フリーランスが利用できるコロナ対策に特化した相談窓口の設置
4、出演キャンセル収入減には貸付でなく給付型の支援を緊急に創設すべき

を訴えた。

政府は2月26日、新型コロナウイルス拡散防止のため、以降2週間における全国的なスポーツや文化イベント等の開催中止や延期、規模縮小等の対応を要請。3月10日には、さらに10日間の自粛を要請している。


ピックアップ記事

公募
「舞台芸術を未来に繋ぐ基金」設立

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!