制作ニュース

【訃報】劇作家・別役実、肺炎のため死去

20.03/11

劇作家・別役実、肺炎のため死去

劇作家の別役実が3月3日、肺炎のため死去した。享年82。葬儀は親族で営まれた。後日しのぶ会が行われる予定。

別役実は1937年、旧満州国生まれ。早稲田大学入学後、劇団自由舞台に参加、66年に演出家の鈴木忠志らと早稲田小劇場を結成。サミュエル・ベケットの影響を受け、日本における不条理演劇を確立した。68年に『マッチ売りの少女』『赤い鳥の居る風景』で第13回岸田國士戯曲賞を受賞。88年に芸術選奨文部大臣賞、2008年『やってきたゴドー』で紀伊国屋演劇賞、鶴屋南北戯曲賞等、多数受賞している。

最後となった上演作品は、別役実の144作目の書下ろし作品である『ああ、それなのに、それなのに』(名取事務所、演出:眞鍋卓嗣、2018年10月)。


【関連記事】

ピックアップ記事

公募
「舞台芸術を未来に繋ぐ基金」設立

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!