制作ニュース

危機対応調査アンケート(2011年4月実施)

11.04/16

公演中止

今回の地震など不測の事態が発生した場合、 公演決行or中止を決める際に考慮すべきと思われる項目はどれですか?

「その他」を選んだ人の声(抜粋ないしは要約)
・使用する劇場および舞台設備の安全性。
・観客だけでなく、出演者・スタッフの安全性および上演後に帰宅可能かどうか。
・アーティスト・スタッフの表現の尊重と作品を上演する価値があるかどうか。
・大きな余震がある場合など、次にどうなるかの予測。


公演中止の決定を行う場合、それは誰が最終決定するべきだと考えますか?

「その他」を選んだ人の声(抜粋ないしは要約)
・劇場に公演実施を行えない状況が生じた場合は劇場。
・劇場に中止する要因がない場合は、団体や公演団体の主宰。
・劇団での協議や、主宰、制作、舞台監督の判断など合議制にて決定するべき。
・最終決定=経済的損失を被る人 公演形態によりそれぞれの立場(技術面、興業面、出演者、会場側、スポンサー)での意思決定を総合して判断。
・上演中の判断は、舞台監督。上演前なら公演主催者。
・団体主催の公演であれば主宰、 劇場主催の公演であれば劇場、 提携公演であれば両者。主催者と連絡の取れず、なおかつ緊急の場合には現場の制作者 。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7


【関連記事】

ピックアップ記事

セミナー
東京芸術祭トークシリーズ『0場(ゼロバ)』

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ