制作ニュース

アーツカウンシル東京「東京芸術文化創造発信助成[単年]」

19.07/01

人材育成やアーカイブ活動等も対象、アーツカウンシル東京「東京芸術文化創造発信助成[単年助成プログラム]」

アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)は、2019年度第2期「東京芸術文化創造発信助成[単年助成プログラム]」の公募を7月1日より開始した。対象分野は音楽、演劇、舞踊、美術・映像、伝統芸能等で、東京を活動拠点とする芸術団体等が主催(または主体となって実施)することが要件。対象期間は2020年1月1日以降に開始し、2020年12月31日までに終了する事業。応募締切は8月5日(月)、当日消印有効。

関連サイト⇒平成31(2019)年度 第2期 東京芸術文化創造発信助成 [単年助成プログラム]

同助成プログラムにおける対象事業は、「都内での芸術創造活動」「国際的な芸術交流活動」「芸術創造環境の向上に資する活動」の3事業。公演や展示、フェスティバル等の創造活動だけでなく、専門職の人材育成やアーカイブ活動等も対象としており、芸術分野を多角的に支援する。なお、助成プログラムについての説明会が、7月にアーツカウンシル東京にて開催される(要事前予約)。

「東京芸術文化創造発信助成」は、東京の都市魅力の向上に寄与する多様な創造活動とその担い手を支援するため、東京を拠点とする芸術団体等に対して活動経費の一部を助成している。2019年度第1期[単年助成プログラム]では131件の申請があり、ヌトミック、一般社団法人チェルフィッチュ、一般社団法人贅沢貧乏、特定非営利活動法人舞台芸術制作者オープンネットワークなど、52件が採択されている。

【こちらもチェック!】
◆平成31(2019)年度 第2期 芸術文化による社会支援助成
〈申請期間〉
2019年7月1日~8月5日 消印有効
〈対象期間〉
2020年1月1日以降に開始し、2020年12月31日までに終了する活動

◆2019年度 第2期「Tokyo Tokyo FESTIVAL助成」公募
〈申請期間〉
2019年7月1日~8月31日 消印有効
〈対象期間〉
2019年11月1日以降に開始し、2020年9月6日までに終了する活動


ピックアップ記事

WS
クリエイティブ・アート実行委員会 ダンス・ワークショップ

Next News for Smartphone

ネビュラエンタープライズのメールマガジン
登録はこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ


舞台公演チラシをご自宅へ NEVULAのチラシ宅配サービス「おちらしさん」お申し込み受付中

フェイスシールド・消毒液など、ウイルス対策グッズ販売中!