制作ニュース

「舞台芸術における国際協働をめぐって」7/4開催

19.06/18

,

シンポジウム「舞台芸術における国際協働をめぐって」7/4開催

国際交流基金アジアセンター(東京都新宿区)は、「響きあうアジア2019」プログラムの一環として、舞台芸術における国際協働に関するシンポジウムを7月4日(木)12時30分~17時に開催する。会場は東京芸術劇場(東京都豊島区)の「ギャラリー1」。参加費無料(要申込)。日英同時通訳あり。

関連サイト⇒舞台芸術における国際協働をめぐって―見えないものを伝え、見られなくなるものを残す/響きあうアジア2019

シンポジウムでは「舞台芸術、とりわけ国際協働のプロセスをどのように記録し、伝えていくのか」をテーマに、実践者による取り組みを紹介しながら、様々な視点から考察する。企画協力・制作は「舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)」。

モデレーターは齋藤啓(舞台制作者)。登壇者は滝口健(ドラマトゥルク、翻訳者)、長島確(「フェスティバル/トーキョー」ディレクター)、久野敦子(セゾン文化財団 常務理事兼事務局長)、中村茜(株式会社precog 代表取締役・ディレクター)ほか。

「響きあうアジア2019」は、国際交流基金アジアセンターが今夏主催する、日本と東南アジアの文化交流事業を幅広く紹介する祭典。舞台芸術、音楽、映画、シンポジウムなど様々なプログラムが用意されている。


ピックアップ記事

ニュース用未選択
『日本の演劇―公演と劇評目録』7月下旬刊行

Next News for Smartphone

Next公式Twitter @next_editor

Next公式Twitter

@next_editorでは「Nextニュース」を配信中!フォローはこちらから!

制作ニュース

ニュースをさがす
トップページ
特集を読む
特集ページ
アフタートーク 
レポートTALK 
制作者のスパイス
連載コラム
地域のシテン
公募を探す
公募情報
情報を掲載したい・問合せ
制作ニュースへの問合せ